バレエを習うなら名古屋市の市川せつ子バレエ団

お問い合わせ先はこちら

  • 電話番号 090-7690-8775
  • ホームページから問い合わせる

団体について・講師紹介

市川せつ子バレエ団のあゆみ

1970年
初代代表 市川せつ子によって設立
1972年~1973年
全国舞踊コンクール1位・2位・3位 3年連続受賞
1974年
最優秀指導者賞「石井漠賞」を受賞
1991年
都市文化奨励賞受賞記念公演「ドン・キホーテ」全幕
1992年
愛知県芸術文化選奨受賞記念公演「ラ・バヤデール」全幕
1994年
近江貞実が代表となる
1999年
第3回バレエコンペティション21 ジュニアB部門 第2位
2001年
第5回バレエコンペティション21 ジュニアA部門 第2位
2002年
第6回バレエコンペティション21 ジュニアA部門 第2位
2003年
第60回全国舞踊コンクール バレエ ジュニア部 第1位
第1回全オーストラリアバレエ協会・国際バレエアワード日本事務局主催
インターナショナル バレエアワード 2003 日本大会 第2位
第7回バレエコンペティション21 ジュニアA部門 第1位
2006年
Youth America Grand Prix 2006 (ユースアメリカグランプリ)
シニア部門 第1位

舞踊家 市川せつ子バレエ団代表 近江貞実

幼少より、両親、越智實、市川せつ子に師事した後、チャイコフスキー記念東京バレエ学校に入学。入学後まもなく16才で北原秀晃に認められ団員クラスを受けるようになる。ロシアバレエの至宝S・メッセレル、A・ワルラーモフらに師事。最年少、17才で準団員、18才でチャイコフスキー記念東京バレエ団、団員となり、海外公演を含め全公演に参加。古典のプティパから現代バレエのバランシン、ベジャール、コンテンポラリーのキリアンまで幅広く踊り、この経験が後の振付家としての基礎となる。

指導者として、国内、国際コンクールに入賞者を輩出し、最優秀指導者賞を受賞。国内及び海外でプロとして活躍するダンサーを育てた。また、10年以上にわたり、コンクール審査員、公益社団法人日本バレエ協会中部支部の事業部長などを務め、現在、名古屋洋舞家協議会運営委員。

1978年
パリ・ダンスセンターへスカラシップを得て留学。パリ・オペラ座の多数のエトワールを育てた名教師S・ペレッティに師事。
1980年
ブルノンビルメソッドを学ぶため渡米し、R・デンバースのもとで研鑽を積む。
1985年
チャイコフスキー記念東京バレエ団を退団後、市川せつ子バレエ団に戻り、ダンサーを兼ね、振付、後輩の指導にあたる。
1992年
キーロフ劇場のR・アブディーエフ振付により、キーロフソリストのO・ワラブエワと「ラ・バヤデール」全幕を踊り、愛知県芸術文化選奨文化賞を受賞。
1994年
市川せつ子バレエ団の代表に就任以降、コンテンポラリー分野でも積極的に活躍。
2002年
青山劇場主催「島﨑徹の世界」にて新作の主役を務める。
2004年
愛知芸術文化センター主催による「第2回あいちダンス・フェスティバル」コンテンポラリー部門において、「BEAT TIME」が選出され出品する。
2006年
「第30回全国合同バレエの夕べ」に同作品が中部支部作品として参加、同年、「第32回中部フェスティバル」においては、同作品が合同作品として上演された。
2007年
2007年度名古屋市民芸術祭主催事業において「HARVEST」を出品。
2009年
東海テレビ開局50周年記念「グラン・ドリーム・バレエ・フェス」のスプリング・バレエ・フェスティバルにおいて「Souvenir De Porto Rico」を出品。
2010年
あいちトリエンナーレ2010「グラン・ドリーム・バレエ・フェス」においては「四季」を出品した。
舞踊家 市川せつ子バレエ団代表 近江貞実

望月あや子

1987年
名古屋市民芸術劇場「’87はばたくバレリーナたち」に選ばれる
1990年
市川せつ子バレエ団入団
1991年~1992年
東京新聞全国舞踊コンクール入賞
神戸新聞全国洋舞コンクール入賞
1992年
市川せつ子バレエ団、愛知県芸術文化選奨受賞記念公演 「ラ・バヤデール」全幕、主役ニキヤを踊る
1993年
東京新聞全国舞踊コンクール第2位
神戸新聞全国洋舞コンクール第3位
1996年
日本バレエ協会主催 第35回バレエフェスティバル 深川秀夫振付「ガーシュインモナムール」出演
1998年
7th東京オピニオンズフェスティバル、「宮本亜門ダンス公演」に出演
深川秀夫バレエの世界「ホフマン物語」出演
1999年
深川秀夫 愛知県芸術文化選奨受賞記念公演出演
2000年
名古屋市民芸術祭主催事業 バレエ・モダンダンスフェスティバル出演
2002年
名古屋市民芸術祭主催事業 「眠れる森の美女」全幕 第1幕主役オーロラ姫を踊る
2004年
あいちダンス・フェスティバル「ダンスクロニクル」にてラ・シルフィード パ・ド・ドゥを踊る
2005年
「ダンス・コスモス~キラ星たちの饗宴~」にてパ・ド・カトルを踊る
日本バレエ協会中部支部 創立40周年記念 中部バレエフェスティバル 「火の鳥」にて姫を踊る
望月あや子

大西こず恵

ヨシイバレエ芸術学園にて、クラシックバレエを始める。1994年、市川せつ子バレエ団に入団。近江貞実に師事。クラシックバレエのみならず、コンテンポラリーの手ほどきを受ける。
バレエ団の全幕公演【ジゼル】、【コッペリア】、【シンデレラ】、【くるみ割り人形】などに出演。新人公演では、【ジゼル】の主役、子どものための巡回劇場では【白鳥の湖】の主役オデット姫を踊る。2005年、ミストレスに就任。

日本バレエ協会中部支部、名古屋洋舞家協議会の公演、東海テレビ主催のトリエンナーレ、全国合同バレエの夕べに出演。古典からコンテンポラリーまで幅広い作品を経験する。2008年より、ジュニア発表会の監修を任される。また、入団と同時に、幼児クラス、児童クラスを担当し、教師としても経験を積む。最近ではバレエ団のクラシック作品の振り付けも手掛ける。

大西こず恵
  • 河村遼子
  • 宮崎比沙夫